新続あるす・あまとりあ-第②刊-〜反社会式う●こロジー〜開催‼

@代官山「山羊に、聞く?」

■出演■

会田誠・駕籠真太郎・内山沙千佳・ヴィヴィアン佐藤・山崎春美

WHEN:
2015/01/12 @ 18:30

COST:
前売 2500円 / 当日 3000円(オーダーをお願いします)

開場■18:30 開演■19:30

■出演■

会田誠<美術家>

1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了。
絵画、写真、映像、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐にわたる。
近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、東京、2012-13年)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナント、フランス、14年)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、鹿児島、14年)、「MAKOTO AIDA」(ギャラリーペロタン、香港、14年)。2015年9月に新潟県立近代美術館にて個展開催予定。


駕籠真太郎<奇想漫画家>

奇想漫画家
1969年東京生
1988年、COMIX BOXにて商業誌デビュー
以降、表現形式や発表の場の変遷を経つつも、エログロ、シュール、不条理、ブラックユーモア、不謹慎といったテーマで作品を発表し続ける。
漫画単行本の他、画集の発表や個展、イベント開催なども行う。
単行本代表作:『輝け!大東亜共栄圏』『喜劇駅前虐殺』『かすとろ式』『踊る!クレムリン御殿』『フラクション』など多数。
最新単行本は『超動力蒙古大襲来』
2015年に新刊発売予定。


内山沙千佳<変態売り娘・元祖スカドル>


□ホステス□

ヴィヴィアン佐藤<非建築家/ドラァグクイーン>

美術家、非建築家、映画批評家、プロモーター、ドラァグクイーン、、と様々な顔を持つ。ジャンルを横断していき独自の見解で「トーキョー」と「現代」を乗りこなす。自身の作品製作のみならず、「同時代性」をキーワードに映画や演劇、ライヴなどを単なる受け取る側としてではないプロモーション活動も展開。 バーニーズNY、ヴーヴクリコ、LANVIN、MILKFEDなどのディスプレイや作品を提供。野宮真貴や故山口小夜子、故野田凪、古澤巌など個性派美学を持つアーティストとの仕事も多い。2012年からvantanバンタンデザイン研究所で教鞭を持つ。


□大向う□

山崎春美<ミュージシャン/作家>

1958年大阪生まれ。ミュージシャン、ライター、編集者。高校生だった1976年、阿木譲の『ロック・マガジン』でデビュー。上京後、松岡正剛「工作舎」へ入塾、自販機本『Jam』『HEAVEN』をはじめ数々の雑誌へ寄稿、「鈴木いづみとのベッドイン・インタビュー」などで話題となる。音楽方面では、伝説の前衛ロックバンド「ガセネタ」「タコ」で活動。「自殺未遂ライヴ」「天国注射の昼」など、複数のシーンであまたの《事件》を起こし、その禍々しい煌めきでカルチャー・シーンに火を放った。町田町蔵との共著に『どてらい奴ら』、音楽作品にガセネタ『グレイティスト・ヒッツ』、タコ『タコ』など。2013年8月これまでの執筆活動を自選した初の単行本『天國のをりものが 山崎春美著作集1976-2013』(河出書房新社)を刊行。


■出店協力■

秋葉原ラブメルシー<大人のおもちゃ屋>

御御御鮨<出張寿司>

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.